2017年05月

4月の読んだ本

2017年4月の読書メーター

読んだ本の数:6冊

読んだページ数:2282ページ

ナイス数:293ナイス



夜行夜行感想

こういう感じの森見さんもいいなあ!と満足の読書でした。夜行列車、百鬼夜行、夜の描写が静かで美しくてゾクゾクしました。その分、ラストの朝の描写が感動的でもありましたね。「夜行」と「曙光」のパラレルワールド、表が裏で、裏が表。「世界はつねに夜なのよ」、「ただ一度きりの朝」、『宵山万華鏡』を彷彿とさせるような世界観。どちらが現実の世界なのか分からなくなる不穏さがクセになるタイプの森見ワールドでした。

読了日:4月30日 著者:森見登美彦
氷菓 (角川文庫)氷菓 (角川文庫)感想

面白かったです。古典部シリーズの始まりであり、これが米澤穂信さんのデビュー作なのですね。『氷菓』のタイトル、「カンヤ祭」の意味が分かるくだり、こんな方向に導かれるとはまるで思わなかったという感じで切なかったです。『さよなら妖精』でもそうでしたが、登場する高校生の、聡明で魅力的なこと!

読了日:4月28日 著者:米澤穂信
ハードラック (講談社文庫)ハードラック (講談社文庫)感想

ぐいぐい引き込む力はさすが、安定の読みやすさでした。最後の展開は分かったかも〜と思いながら読んでたら違っててびっくり。もしかしたらこういう「ちょっと思慮が足りなくて浅はかな、でも完全に悪者ではない」という人物を描くの、薬丸さんうまいのかも。主人公の置かれた環境やひっ迫した状況は読んでいて辛く重たい。でも逃げずに描く薬丸さんの姿勢は、薬丸作品全体を貫く重要な要素ですね。またラストは温かい感情を呼び起こすような救いも少しあり、薬丸さんの作品ならではといった読後感です。

読了日:4月23日 著者:薬丸岳
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)感想

あ〜とうとうシリーズ完結!今回はシェイクスピアのファースト・フォリオをめぐる何やかんや。私は大学時代シェイクスピア必修で全作品を読んでるので、どの作品で、どんな謎があり、どんな風に栞子さんが解くのだろうと、ものすごーく楽しみにしてて…そういう意味では若干肩透かしな気もしますが、栞子さんと大輔、栞子さんと母・智恵子さんとの関係などをどう結末に導くかという点では、納得の落とし所なのだと思います。シリーズは完結だけど、スピンオフがありそうで、それはまた楽しみ。

読了日:4月15日 著者:三上延
繚乱 (角川文庫)繚乱 (角川文庫)感想

『悪果』に続く堀内・伊達シリーズ2作目。元マル暴刑事が大暴れ、黒川ワールドてんこ盛りで、悪い奴らばっかり!笑 堀内と伊達もそこそこ悪いのに、なぜか憎めないのですね。面白かったです!ラストでまた堀やんが…次もあるかな?楽しみです。

読了日:4月10日 著者:黒川博行
盤上のアルファ (講談社文庫)盤上のアルファ (講談社文庫)感想

『罪の声』がよかったので、デビュー作を読んでみました。事件記者から将棋などの文化担当に左遷されやさぐれてた秋葉が、なんやかんやで真田に心を開いていく過程がよかった。最後の展開は驚き!なるほどね。プロ棋士への道のりの険しさ、プロになってからもなお続く勝負の世界の厳しさ…題材が深いので、今の塩田さんが描いたらこのお話はどんな風になるのかな〜と思ったり。他の作品も読んでみたいと思います。

読了日:4月5日 著者:塩田武士


読書メーター