スポーツカフェ

決勝T


最近、スポーツカフェのカテゴリーがほったらかしですが、
野球やサッカーなどなど、相変わらずいろいろとテレビ観戦しています。
プロ野球は、イライラさせられた交流戦がやっと終わりました。(交流戦嫌い~
そしてサッカー! ワールドカップの決勝Tがいよいよ始まりました。

先日の予選T最終戦、日本ーデンマーク戦は、
午後10時に寝て午前3時に起きる早寝早起き作戦で見ました。
早起きして見た甲斐がありました。
大会前、一勝もできないんじゃないかなんて思ってましたが、
やはり勝負はやってみなくちゃ分かりませんね。
特にサッカーは、弱いチームが戦術次第で格上チームに勝てる競技。
4年前の脆弱さはなく、素晴らしい試合運びでした。
予選で一度も試していないシステムを本番で採用するなんて、
どんだけギャンブル!?と正直思っていましたが、
大会前の不振を吹っ切ったかのように攻守が見事に機能していました。
試合後のインタビューで、一瞬ホッと緩んだ表情を見せた中澤が印象的でした。
ちなみに私は日本代表だと松井のファン。娘は「本田と握手してみたい~」そうです。

大会前、「日本が決勝Tに行くとしたら多分2位通過だろうから、
そうすると決勝Tの相手はイタリアだろう」と、
「ワールドカップの決勝Tでイタリアとガチンコ勝負できるなんて、見てみたいー!」と、
イタリアのF組1位通過は当たり前という感覚で、
どちらかというと「日本が2位でも通過できたらもうけモン」と思っていたのに、
なんとイタリアは一度も勝てずに最下位で予選敗退…
私の好きなピルロも、怪我で3戦目のスロバキア戦後半からやっと出場…
カンナバロも随所で判断ミスなどの衰えを感じさせるし、ブッフォンは腰痛で欠場したまま…
4年前の輝きはどこへ行っちゃったのでしょう、残念な結果でした。

さて、日本のベスト8をかけた決勝T初戦は明日。
パラグアイも堅守のチームで強そうですが、
どんな形でも、何でもいいから何とか勝ってくれたらいいな~と思っています。
勝てば次、ポルトガルかスペインですからね! 一度見てみたい~!


おお!優勝!!


ジャパン連呼にめげずに、試合を見続けてよかったです。
日本、WBC優勝、2連覇達成おめでとう!

野球において…例えば王さんのHR世界記録達成の瞬間とか、
何年経っても脳裏に焼きついているシーンがいくつかありますが、
イチローのセンター返しの弾道もまた、一生忘れられないでしょうね。
その前のカットの連続にはさすが!とうなりましたし、
あそこで打ち返せるのが、イチローがイチローたる所以。
イチローはやっぱり、「イチロー」でした。

原監督は、前回の北京五輪での失敗を見事に生かして、
スター選手だらけのチームをひとつにまとめ上げました。
スタメン、控え関係なく、チームが一つになるというのは、
非常に難しいことだろうと思います。
ましてやスター揃いの代表チーム、苦労もあったことでしょう。
選手をはじめ、裏方さん、コーチ陣を一つにたばね、
チームの底力をグッと上げたのは、原監督の手腕、人望だろうと思います。
巨人でのシーズン中の采配には、正直??と思うこともよくある監督ですが、
起用や采配も、今大会は概ねよかったんではないかと思います。
だから選手も、各々の場所で輝くことができたんだと思います。


何だかんだ言いつつ、やはり全試合を見た私。
決勝は、再放送含め3度見ました。
決勝以外では、アメリカに完勝したのが嬉しかったですね。
ドミニカやベネズエラとの試合が見たいなーと思っていましたが、
それが叶わなかったのが残念です。
まあそれはまた次回の大会のお楽しみで。

大好きな野球で、日本が再び世界一になった…なんて素晴らしいことでしょう。
本当に素晴らしい決勝でした。静かに感動をかみしめています。

さあ、次はペナントレースです!




何だそりゃ


7ヶ月ほったらかしだったスポーツカフェ、久しぶりに更新です。

話題はそう、WBCです。
民放の実況アナが「ジャパン」を連呼するのに辟易しています。

ジャパンの攻撃、ジャパンの野球、ジャパンとしては先取点を、ジャパンの流れに、
ジャパンの四番は、ジャパンの選手は、ジャパンのブルペンは……

フツーに日本とか、日本代表でええがな…と思うんですけどねぇ。
ジャパンだけでも耳障りなのに、侍までつけちゃって(いや、侍違うし)
何のチームか分からんやん。
ジャパンジャパンと聞くだけで試合に集中できません。
消音して見ようかと本気で思うほどです。

で、面白くないことに、今日も韓国に完敗。あー面白くない。
次、もしキューバに勝ったら、また韓国とやるんですよね?
なーーんでこんな何度も韓国とばっかり試合をするんでしょう。
いいかげん飽きてきました。
同グループの1位2位がまた同グループに入るっておかしくないかしらん。
このまんまじゃアメリカと試合しないまま終わるってこともあり??
なんじゃそりゃ?って感じで、好きな野球なのに、グッと盛り上がりません。

短期決戦というのは、総合力よりもパワーが物を言うんでしょうか。
初物は投手有利と言いますが、韓国の主軸打者のパワーにねじ伏せられてますね。
韓国の投手はといえば、シーズン通して対戦したとしたら、
多分普通に対応できるレベルだと思うんですけど、短期決戦ゆえの、
「むき出しの集中力」に押されてるかのようです。

それに加えて、ボールが大会仕様の特別なものだったり、
球数制限だの何だのと変なルールがあったりで、
この「野球」は何?という気がしてしまいます。
もっとも、日本が行け行けドンドンで勝ってれば、「面白い!」とか言ってそうですが…

画像は、キャンプインとともに替えた携帯ストラップ。
シーズン始まるのが待ち遠しい~~!

タイガースストラップ

またまた久しぶりのスポーツカフェ


オリンピックも閉幕しましたね。
時差が1時間、寝不足になることもなく、わりとまんべんなく見ました。
いい機会なので、いろんな競技を娘と一緒に見ていました。
初めて見る競技に興味を持ったり、あまりのスピードに驚いたり、
娘は娘で、オリンピックを楽しんだようです。
(娘の印象に残ったベスト3…北島康介選手の2連覇、
谷本歩実選手の2連覇、ウサイン・ボルトの100M世界記録)
4年に一度の機会に勝つことの難しさや勝負の世界の厳しさなど、
娘は娘の視線で感想を持ったようでした。
挑戦することの大切さ、自分や仲間を信じるということなど、
何か娘の心に訴えかけるものがあったことは嬉しいことです。

私がスポーツを愛してやまない理由は、感激の勝利も厳しい結果も、
すべてまぎれもない真実だからです。
シナリオなどないのに、こんなにも心の底から揺すぶられるのは、
圧倒的な真実がそこにあるからだと思います。

ちなみに私はこういったスポーツ中継は、たいていNHKで見ます。
私見ですが、不要な演出で飾ったり、「この後すぐ!」で引っ張ったり、
スポーツとは畑違いのジャニタレや俳優がキャスターを務める民放では、
スポーツそのものの醍醐味や臨場感、リアリティを損なうだけのような、
そんな気がしてしらけてしまいます。
アスリートを前に、盛り上げようとする必要などまったくないのです。
あ、CMもいけませんね。あれで一気に冷めてしまいますから…
野球にしても、プロ野球中継を試合終了までしないくせに、
(というか、最近は中継そのものが少なくなりました。
もちろん民放の中継などアテにしてないからいいんですけど)
五輪野球になると盛り上げようとするのが解せません。
同じ野球という競技ですから、代表もプロ野球も同じ線上のはず。
イベントだけに視聴率が稼げる、そんな計算しか見えてきません。

野球といえば…野球ファンとしては今回は本当に残念な結果でした。
残念と同時に、当然、必然という気もどこかでします。
ちょちょっと集まって戦って勝てるような、そんな甘いものではないと。
私は、日本のプロ野球のレベルは世界水準だと思っています。
技術を磨くことにかけては一流の日本人に向いたスポーツだとも。
世界水準にあるはずなのに、環境面で選手を全面的にバックアップする、
その努力に欠けすぎていたのだと思います。
プロを出すなら、シリーズを中断するぐらいのことをしないと…。
国際試合のボールだストライクゾーンだ、そんなものは順応して当然、
大前提なはずなのです。今回の男子サッカー代表監督が、
「もっといいピッチでやりたかった」とか言ってるのと同じレベルで、
それは負けの言い訳にはならないのです。
監督の采配やメンバー選出、故障者続出などなど、
止まらなくなるのでこの辺にしておきますが…
夫とは毎夜、五輪野球談議?反省会?なのですよ…笑
(私、何者?笑)

ご無沙汰のスポーツカフェ


ビックリしました。
前回のスポーツカフェ、更新はいつだったっけ~とさかのぼってみたら、
1年もの間、ほったらかし!! (笑)

前回更新は、野球のストーブリーグ中、
松坂や井川の大リーグ移籍でワクワク、なーんて内容でした。
今年、松坂はさすがの活躍でしたが(来年はもっと進化すると思います)、
井川が想像以上の苦戦…アジャストするのに相当苦労していました。
で、結局順応できずにシーズンが終わってしまいました。
不器用な選手だから、もしかしたらまだ時間がかかるかもしれませんねぇ。
というか、来年はヤンキースにいないかもしれないし…頑張ってほしいものです。

今オフにも大リーグへの移籍が何人かいますが、移籍自体はさして驚きはしないものの、
契約金や年棒が高騰しているのに驚いています。
黒田も福留も超一流でしょうが、それにしたってあまりにバブリーですよねぇ。


一方、サッカーは…
先日終わったトヨタクラブワールドカップ、なかなか面白かったです。
浦和レッズ対ACミラン、世界の一流ってのはすごいなぁ、厳しいなぁと、
かなりの差を感じた試合でもありました。
一流選手というものは、とてつもなく難しいことをしているようで、
実はとても基本に忠実な動きしかしていないのだという、
そういうシンプルさに再び感動しました。

テレビや新聞では、ミランのカカで盛り上がっていましたが、
私はミランのピルロ(現イタリア代表)の方が好きです。
もともと、FWよりMFなど中盤の選手が好きなのですが、ピルロは中盤、ボランチの選手。
広い視野と優れた状況判断能力で、前線へ素晴らしいパスを供給するレジスタです。
娘が「お母さんの好きな、ほら、ピロルだよ」と、名前を間違えて言うので困りますが…
さらさらヘアと、ボサ~ッといつも眠そうな風貌、サッカー選手にしては華奢な体格、
でもなぜかステキ。カッコいい~。というかかわいい~。
(あぁ、文章がミーハーになってきました…)
エスコートキッズに変わって、ピルロと手をつないで入場してみたい。
(あぁ壊れかけ…)
ま、そんなわけで?楽しく大会をテレビ観戦しておりました。


それにしても、その都度更新するマメさがないと、
スポーツカフェのようなカテゴリは難しいですね…(汗)
来年も、大好きな野球やサッカーなど、素晴らしいプレー、ゲームを観て楽しんで、
スポーツカフェ更新もぼちぼちと…でやっていけたらいいなと思います。
(来年こそ、阪神タイガース優勝だー!)